フライパンで簡単 !舞茸とコーンの揚げ焼き

きのこ類は健康に良いので、常に食事に取り入れると良いですね。特に舞茸には様々な効能があります。

舞茸には代謝を高め、細胞の生まれ変わりを助ける成分(ナイアシン)が豊富に含まれているため、肌荒れの予防やダイエットに効果があります。

また、アルコールの代謝も促進するので、二日酔いや悪酔いを防いでくれますよ。

さらに、舞茸に含まれる「MD-フラクション」という成分は、がん治療にも用いらており、体内の免疫機能を活性化させる効能があるそうです。

今回は、舞茸を使ったフリット風の揚げ焼きを紹介します。衣を少な目にしているのでカロリーも抑えています。

フライパンを使わず少ない油で調理ができ、後片付けが簡単です。ぜひ試してみてくださいね。

材料(二人分)
  1. 舞茸  1パック
  2. コーン 大さじ4程
  3. 小麦粉 大さじ4
  4. パルメザンチーズ 小さじ1
  5. 水   大さじ5
  6. コンソメ(顆粒)小さじ½
  7. 塩・胡椒 少々
  8. 揚焼き用油 適量(サラダ油またはオリーブオイルなど)
作り方

1.ボウルに小麦粉大さじ4、水大さじ5、コンソメ小さじ1/2、パルメザンチーズ小さじ1、塩胡椒を少々入れ、なめらかになるまで混ぜる。

2.1のボウルに一口大の舞茸(いしずきを切ってから手でちぎる)、コーン大さじ4程を入れてからませる。

3.フライパンに油を5㎜くらいになるように入れて、中火で熱する。170度になったら(衣をつけた菜箸を入れてジュっと音がするくらい)、2の舞茸とコーンをゆっくりと入れる。

4.そのまま、両面を揚げ焼きにし、火が通ったら、キッチンペーパーなどの上にいったんのせて、余分な油をとってから盛り付けて完成です。

洋風の揚げ焼きなので、サラダに添えても美味しいですよ。冷めても美味しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA