台湾の家庭の味!トマトと玉子のケチャップ炒め

近年大流行したタピオカや、最近よく見かけるようになった台湾ドーナツなど、台湾グルメはますます身近な存在になりつつありますよね。

そこで、今回は台湾の定番家庭料理の一つ、番茄炒蛋の作り方を紹介します。

直訳すると「トマトの玉子炒め」という意味の名前がついています。そのままですね!笑

このレシピの主な材料は、その名の通りトマトと卵、それに味付け用のケチャップだけ。

そう!たったこれだけなんです!

日本でも当たり前に手に入る食材ばかりなので、簡単に台湾の家庭の味が再現できちゃいます。

それではレシピはこちら~

<材料>2人分
  1. トマト 2個
  2. 卵 4個
  3. ケチャップ 大さじ4
  4. 砂糖 小さじ1
  5. 塩 適量
  6. こしょう 適量
  7. 水溶き片栗粉 大さじ2
  8. 青ネギ 少々
  9. ごま油 適量
  10. ごま油 適量
<作り方>

1.まずトマトの皮を湯むきする。鍋にトマトが浸かるくらいの水を入れ、沸かす。

2.トマトのヘタと反対側に十字の切り込みを入れ、沸騰させた湯で1分茹でる。

3.トマトを鍋から取り出し、熱いうちに皮をむく。

*やけどに気を付けてくださいね!

4.トマトを細かめのくし切りにする。

5.フライパンに油を引いて熱し、塩で味付けした溶き卵を入れて炒める。8分目まで火が通ったら、一旦火から下ろして皿に取り出しておく。

6.フライパンに4を加え、表面が少し崩れるまで中火で炒める。

7.6にフライパン、砂糖、塩、こしょうを加えて味を調える。水分が少ない場合は、水(分量外)を少しだけ足す。

*あとで卵を加えたら味が薄まるので、この時点では少し濃いめでOK

8.7に5の卵と水溶き片栗粉を加え、とろみがついたら火から下ろす。

9.青ネギをのせたら完成!!!

いかがでしたか?

とっても簡単なレシピなので誰でも挑戦できる料理だと思います。

ケチャップと砂糖の甘塩っぱさが魅力のおかずです。

ご飯がもりもり進むこと間違いなしですよ。

ぜひ作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA