レンチンでゆで時間短縮!にんじんとごぼうのマヨサラダ

最近少しずつ秋らしい季節になってきました!

それと共に、スーパーでごぼうを見かけることも多くなってきたのではないでしょうか。

ごぼうは、種類にもよりますが一般的には秋~冬にかけてが旬といわれており、これからの季節はより柔らかくて香りの高いごぼうを楽しむことができます。

食物繊維がたっぷりなごぼうは、便秘が気になる方にもぴったり!

そこで、今日はにんじんとごぼうを使ってお手軽に作れるマヨサラダのレシピをご紹介します。

にんじんやごぼうなど、根菜はなかなか火の通らない食材なので、下準備に時間がかかるのが難点ですよね。

今回は、レンチンを使うことで調理にかかる時間と手間を大幅に短縮できるレシピを考えました!

それではさっそく見ていきましょう!

<材料>
  1. にんじん 1/3本
  2. ごぼう 1本
  3. マヨネーズ 大さじ2
  4. 和風顆粒だし 少々
<作り方>

1.ごぼうを細切りにし、水にさらしておく。

(断面を水に浸けておくことで、酸化を抑え変色を防ぎます)

2.にんじんは千切りにする。

3.1の水を切り、2と合わせて耐熱容器に入れて、蓋やラップをかけ500wで1分半加熱する。

4.3が熱いうちに顆粒だしとマヨネーズを加えて和え、味を調えたら完成!!!

いかがでしたか?

レンチンすることで、お湯を沸かして食材をゆでる時間が短縮できるので、食卓にあと一品ほしい!というときにぴったりです。

身近にある食材で簡単にできるサラダなので、ぜひ作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA