野菜1つと調味料1つでできる!?超簡単なすの焼き浸し

今回はまるごと1本のなすを使った、なすの焼き浸しの作り方をご紹介します。

焼き浸しや煮浸しは和食では定番の調理法ですよね。

味の決め手となるのは、ずばりお出汁の質。とはいっても、一から出汁をとるのは面倒だし料理初心者にはハードルが高いものです。

そこで、今日はめんつゆを使って簡単に味付けできる方法を紹介します。

なんと、使う食材はなすとめんつゆだけ!なすを大量消費したいときにもおすすめのレシピです。

<材料>2人分
  1. なす 2本
  2. めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ2
  3. 水 大さじ7
  4. かつお節 1パック(2g)
  5. 薬味ネギ 適量
  6. サラダ油 少々
<作り方>

1.なすを適当な大きさに切り、皮に包丁で斜めに交差するように切れ目を入れます。

*今回はなすの食感を楽しむため、かなり大きめに切り分けました。お弁当に入れる場合などは、もっと小さめに切ってもOKです。

2.フライパンに皮を上にしてなすを並べ、上からサラダ油を流しかけます。蓋をしてなすにしっかりと焼き色がつくまで、5分ほど弱火で加熱します。

*少量の油を流しかけることで、油の消費量を抑え、ヘルシーに仕上げることができます!

3.なすを裏返して、弱火でさらに1~2分ほど焼きます。

4.めんつゆ、水を加えたら、なすをひっくり返しつつ、中火で水分が半分くらいに飛ぶまで加熱します。お好みでかつお節を加えます。

5.なすを皿に盛り、仕上げに薬味ネギをのせたら完成!!!

いかがでしたか?

めんつゆだけでも美味しく味付けできますが、お好みでかつお節を入れても風味が加わって美味しいですよ。

とっても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA