レンジでトロッぷる!残り物の焼き鮭&きのこで!秋の洋風茶わん蒸し

茶わん蒸しといえば、

ーー蒸し器に茶わん蒸しを入れて、ふきんをまとったフタをし、火加減と時間を気にしながら蒸す。

ブワッと大きな蒸気が立ち込める中、ふきんを使い、熱々の茶わん蒸しを取り出すーー。

小さい頃、そんな光景を見て育ったので、茶わん蒸しは“手間のかかるおもてなし料理”という印象でした。

でも、今や、茶わん蒸しも電子レンジで作れてしまうお手軽料理!

あの茶わん蒸しがカンタンメニューとしてすぐ食卓に出せるのは、嬉しいですよね。

和風だしのきいた、茶わん蒸し。

もちろん美味しいですよね!

でも、時にはアレンジして、洋風味の茶わん蒸しなんて作ってみてはいかがでしょう?

いつもと一味違って、喜ばれるかも知れません。

今回は、牛乳を使用し、今が旬の鮭&きのこをトッピングして作ってみました。

残り物の焼き鮭で充分です!

旬の物でも、残ってしまうことってありますよね。

更に、レンジ調理なのに、とろけるプリンのような食感。

これには、ちょっと感動しちゃいます…!

材料(2人分)
【トッピング】
  1. 焼き鮭 1切れ
  2. しめじ 適量
  3. 青ネギ 適量
【卵液】
  1. 玉子 1個
  2. ●牛乳 100cc
  3. ●水 50cc
  4. ●だしの素 小さじ1/2杯
  5. ●みりん 小さじ1杯
  6. ●薄口しょうゆ(なければ濃口しょうゆでもOK) 小さじ1杯
作り方

①まず、卵液を作ります。

ボウルに玉子を割り入れて、溶きます。

※時短したい時は、

・泡立て器ではなくフォークでかき混ぜれば、白身の切れが良い&洗い物もカンタン!

②溶き卵のボウルに、●の牛乳・水・みりん・薄口しょうゆ・だしの素を入れます。

よく混ぜたら、卵液のできあがりです!

③耐熱容器に茶こしをして、

お玉で卵液を注ぎます。

※2人分の分量なので、もし1人分を作る場合は、半分だけ器に入れて下さいね。

※茶こしに残ってしまった卵液は、舌ざわりが悪くなるので捨てます。

④ここからトッピングです。

しめじを準備しましょう。

石づきを取り、バラバラになるように割きましょう。

⑤お次は、鮭です。

焼き鮭は、食べやすいよう、骨と皮を手で取り除きましょう。

身は、箸で4等分にします。

※(2人分の分量なので、1つの器に2つずつの計算です。)

⑥しめじ、鮭、青ネギの順番でトッピングします。

※鮭は卵液の中へ沈んでいってしまう確率が高いので、うまくしめじの上に置くorレンジで加熱後に後乗せしても大丈夫です!

⑦上から、ラップを軽くかけます。

⑧【器が1つの場合】200wで3分間、レンジで加熱します。 

【器が2つの場合】200wで6分間、加熱します。

加熱後に、器を左右に揺らしてみましょう。

おおよそ、まだチャプチャプとした液体のままかと思います。

⑨更に、200wで20秒加熱します。

茶わん蒸しは、加熱時間が少しでも長いと、食感が固くなってしまいますよね。

それを防ぐため、

「20秒ずつ加熱→器を左右に揺らしてみる」を何度か繰り返して、固まり具合をみるのがおすすめです。

⑩左右に揺らして、タプ~ンと柔らかめの波を打つ感じで固まれば、できあがりです!

大きな蒸し器やお鍋を使わなくても、レンジで完結!

多めのお湯や大きな湯気がないのも、安心感があります。

牛乳は、鮭&しめじと相性抜群!

洋風茶わん蒸しなら、和洋、どちらの献立の時にも合うのも魅力的ですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA