サバのパリパリカレー焼き

サバ独特の臭いもなく、カレー味で食欲増進!子どもから大人まで大好評!

皮目もパリパリに焼いて丸ごと食べちゃおう!

★ 材料 ★(写真分)
  1. サバの塩焼き 半身2切れ
    ※「塩焼き・骨抜き」だと調理しやすく食べやすいです
  2. 酒    大さじ2
  3. 片栗粉  大さじ1
  4. カレー粉 大さじ1
  5. 炒め油  適量(今回はオリーブオイル使用)
★ 作り方 ★

1. キッチンペーパーでサバの水気を取り、酒を振って臭みを取る。

大体15分程度浸しておく。(急いでる方は5分でも大丈夫です)

2. 15分経ったら再度キッチンペーパーで水気を取り、包丁をななめにし切っていく。

※ななめにして切ったほうが皮と身が丁度見え、見栄えがいいです。

3. ポリ袋に片栗粉、カレー粉を入れ空気が入った状態で振り混ぜる。

4. 粉がまんべんなくついたら、フライパンに皮目を下にして並べる。

5. 油を回しかけ、強めの中火で皮がパリパリになるまで焼く。

6. ひっくり返したら弱火にし、蓋をして中まで火を通す。

※油が少なかったらここでまた少し油を回しかけてください

7. 盛り付けて完成!

総エネルギー約 375kcal

★ プチ栄養講座 ★

サバ
1切れ約60gで175kcal

血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしてくれる「n‐3系脂肪酸」がたくさん含まれています。
また同時に善玉コレステロールを増やしてくれる作用もあります。(コレステロール低下/がん予防/高血圧予防/血栓抑制/肝機能向上)

(選び方!)→皮が鮮やかな色で光沢のあるもの。身が固く、大きい魚のほうが脂乗りが良い。    

カレー粉
大さじ1杯25kcal

抗酸化作用の強いクルクミンが沢山ふくまれており、他にも発汗作用や食欲増進作用などが期待されます。(がん予防/老化防止/炎症抑制)

    

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA