残り物の焼き魚がごちそうに!らっきょう酢で!焼きサバサラダ寿司

冷蔵庫に、残り物の焼き魚が1切れ。

「じゃあ、焼き魚とお味噌汁でご飯にしましょう」となりがちです。

「焼き魚は好きだけど、昨日と同じおかずだから、ちょっと代わり映えしないかも…」という時、是非、お試し下さい!

ーえっ、お寿司なんて手間がかかりそう?

いえいえ。

お一人さまから作れるお手軽な分量ですし、らっきょう酢1つで、カンタンに酢飯ができちゃいますよ~っ!

材料(1人分)
  1. ご飯 お茶碗に軽く1杯(120gくらい)
  2. らっきょう酢 大さじ2杯
  3. 焼きサバ(または、お好きな焼き魚) 1切れ
  4. 豆苗(または、かいわれ大根、水菜などの青物野菜)  20本くらい
  5. レタス 2、3枚
  6. ミニトマト 3個~お好みで
  7. マヨネーズ 適量
作り方

1. ボウルに、ご飯を入れます。

2. らっきょう酢を加えて、

よく混ぜます。

※らっきょう酢がない場合は、

・酢(大さじ1杯) 

・砂糖(大さじ1/2杯)

・塩(少々)

の3つで酢飯ができます。

3.焼きサバの身をほぐし、身以外(骨、ヒレ、皮など)を取り除いていきましょう。

ビニール手袋をすると、小骨を見つけづらくなってしまうので、よく洗った手で取り除くと良いですよ!

1切れなので、すぐに終わりました!

4. はさみでカットした豆苗を洗い、1cmくらいの長さに切ります。

5. 豆苗は、2の焼きサバのほぐし身と混ぜ合わせておいて下さい。

6.ミニトマトを洗ったら、半分に切ります。

普通のトマトなら、1.5cmくらいの角切りにすると食べやすいですよ。

7. それでは、お皿に盛りつけて行きましょう!

まず、洗って水気を切ったレタスを、手でちぎってお皿に敷きます。

敷物の役割になるので、大きめにちぎって下さいね。

8.次に、冷めた酢飯をのせます。

酢飯は、人肌くらいの温度に冷めていればOK!

※時短したい時は、

・(熱くて冷めづらいなら…)氷水を入れたボウルの中に、酢飯が入ったボウルを入れれば、すぐに冷めます!

9. 続いて、5の豆苗&焼きサバのほぐし身をのせます。

スプーンを使うと、ポロポロしづらく、のせやすいですよ。

10. そして、ミニトマトを、彩りよく飾るイメージでのせましょう。

11.上からマヨネーズをかけたら、できあがりです!

冷蔵庫に残りがちな、焼き魚。

骨があるので、「お年寄りや子供に人気がない…」というご家庭も多いと思います。

でも、骨を取り除いてお寿司にすれば、人気メニューに早変わりっ!

お寿司なので、焼きサバだけでなく、鮭やアジ、タイなど、どんな焼き魚でも合いそうですね。

また、魚が1切れしかなくても、ほぐし身にすることで、2人分にも3人分にもかさ増しできます!

カニカマ、ソーセージ、アボカド、オニオンスライス、もみのり、などなど…。

更に残り物の、ポテトサラダや、ひじきの煮物などをトッピングしても美味しそうですよ!

是非、お好みで色々お試し下さいね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA